2011/10/05

指導者の皆さんへ

 柔道で悲しい事故が発生し、指導者が処罰されました。
もって「他山の石」とし、我が「北鎌倉剣友会」の「正しい剣道を目指す」という考え方を、指導者全員で再確認したいと思い投稿致しました。

 この柔道指導者(被告)は被告人質問で、初めて柔道を児童に教えるにもかかわらず、「指導書を読んでいなかった」と明かしとのこと。
同じ武道を教えるものとして指導者失格は明白ですが、平成24年からの中学校武道必修化が迫ってきた今、他人事とも思えません。

 「北鎌倉剣友会」で指導を委嘱されているメンバーは、ほぼ全員が全日本剣道連盟の社会体育指導員の資格保有者で、格段の違いがあることは事実です。
しかしながら、資格保有のみならず、更に良き指導者を目指し、日々の研鑽を重ねる覚悟を、今回のことを契機に、新たにしたいと思います。<矢野>

 

柔道指導者に100万円罰金判決 大阪地裁

 大阪市此花区の柔道教室に通う市立小1年の男児(当時6歳)が昨年11月、練習後に死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた指導者の阪本剛被告(36)に対し、大阪地裁(中川博之裁判長)は5日、求刑通り罰金100万円の判決を言い渡した。

 中川裁判長は、「柔道は事故が起きやすいスポーツ」と指摘。阪本被告には、男児に対する受け身の指導が不十分だった過失があるとし、「『受け身の練習を繰り返すと男児が柔道をやめるかも』と安易に考え、十分に受け身を身につけさせなかった責任は重い」と述べた。
 判決によると、阪本被告は昨年11月10日、男児に連続して足払いなどをかけて頭を激しく揺さぶり、急性硬膜下血腫のけがを負わせ、1週間後に死亡させた。

 阪本被告はこの裁判の被告人質問で、初めて柔道を児童に教えるにもかかわらず、「指導書を読んでいなかった」と明かし、すべて間違っていた。男児の両親から大切な存在を奪ったことは許されない重罪で、重い処罰を望む」と述べていた。
 検察側は5月に阪本被告を略式起訴し、罰金100万円を求めたが、大阪簡裁は略式命令を不相当として、正式な公判を開くことを決定。さらに、罰金刑以上の言い渡しも可能な同地裁に審理を移していた。
(2011年10月5日  読売新聞)

0 件のコメント:

コメントを投稿