2012/05/29

2012剣道世界選手権

まずは日本の完全優勝(男女ともに個人/団体戦)おめでとうございます。
是非皆さんも、全日本剣道連盟のサイトから韓国との決勝戦をご覧あれ。

以下ダラダラと印象をつづりますがご容赦下さい。

今回の韓国戦の全てを見て、色々な事を思いました。
日本vs韓国の審判員は、気苦労は大変だと思う。 韓国選手は審判員に対する、技量を認めておらず、選手が好き勝手に試合のルールを悪用していた。それを審判が上手に裁けない。 都合が悪くなると、タイムをかけ、竹刀が調子悪かった?と平気で繰り返す。竹刀が不都合だと、交換したい(休憩する)。 選手が不正なタイムをかけるのは、フェアープレーに反すると、国際的な共通認識をつくるべきです。 世界選手権における審判教育の必要性を感じた。

「社会体育指導員」外国人版または、日本の社会体育指導員の資格を意図的にとっていただくのも、国際的な審判団には良いことかなと思った。

ふと「ラグビー」の国際審判員の素晴らしさを思い浮かべた。ラグビーのように、剣道の世界選手権の審判団を教育する必要性を感じました。 ラグビーのレフリー、特に国際審判員は実に毅然としています。両チームが身体をぶつけ合うラグビーという、過激な肉弾戦を実に上手に裁く。 試合中に指導的発言が繰り返され、素晴らしい試合に導こうという意図が明確に感じられる。 特に厳しく、反則とするのがフェアプレーに悖る行為。容赦なくペナルティーを与える。 試合の遅延行為なども当然ペナルティーだ。そうしないと、時に感情むき出しの見苦しい、ラフプレーが発生する可能性を常に秘めた競技なのである。 試合が終わったらノーサイドとなり、敵味方が相手のフェアーな闘いぶりを称賛する。 清々しいと思う試合が世界選手権でくりかえされる。 そのようなことにより試合をリードしなければ、ルールぎりぎりの、ルールを利用した、見苦しい試合となる。

国際剣道における、試合審判規則がこの辺のところどうなっているのか興味深いところです。多いに参考にすべきとおもいます。 日本vs韓国戦でも、審判が反則を取るべきところ、選手にやっていけないことを注意すべきだった。 そう思いました。韓国の中堅が審判の判定を露骨に不服の態度をとる。 試合終了間際に、竹刀に問題があると、タイムを取り、呼吸を整え休憩する。 試合が終了しても相手と竹刀を合わせず、蹲踞しない。 全て、反則とする事を、国際ルールで確立しなければ、剣道の発展はない。

韓国の試合では、礼法をどの様に指導しているのか。コムドの理念や審判試合規則があるのだろうか? 韓国選手権などあるなら、試合の審判団は、どのようなことを申し合わせて、審判をしているのか。 審判が上達しなければ、剣道の世界選手権の意義はどんどん低下する?そんな危惧の念を抱きました。

三年後に東京で世界選手権あが開催されるとのこと。 いろいろ、改善を進めてほしいと思います。

1 件のコメント:

  1. 同感です。 この審判の問題は宿命的なもののような気がします。 柔道でもあれだけ国際的になっても、シドニーでしたか、篠原 対 仏のドエイの試合で誤審が起きました。剣道では日本と韓国の実力が突出していてその二国が対戦するときはそれ以外の国の審判が裁くわけですから問題は初めから存在するんですね。ここをどうするかが大きな問題です。各国から実力者を日本に招いて国際審判員を養成するなど。そうすると韓国から日本びいきの審判員をつくろうとしているなどとクレームが付いたりして。参加国は総じて韓国に批判的、剣道宗主国には選手団の立派な態度も相まって敬意を抱いているというような雰囲気ですね。最も大事なことは、生々堂々、卑怯な振る舞いはしないという武士道精神を学んでそれを体現するということだと思います。
    池田

    返信削除